ソフトとのご縁はまだまだ続きそうです

最近、ロースクールの3年間所属するソフトボールのクラブチームを探している法学部法律学科4年の石河有彩です。

平日は勉強、週末は婚活をしろという母の期待に応えるためにも、活動は週末のみで強いチームを知ってる方はぜひぜひご一報ください。

 

ところで、私は中学・高校・大学と、計10年間ソフト部に所属し、オフ期間には試合をする夢を見るくらいソフトの魅力にとりつかれ続けています。

そこで、なぜ私が他のスポーツではなくソフトにこだわるのかを考えた結果、以下、私が至ったとてつもなくありきたりな結論です。

 

1. 個人競技要素があること

団体競技であるとはいえ、特に打者として一人で打席に立つ瞬間は、自分の技術不足や精神面の弱さと向き合わなければいけません。中学生の時は、2ストライクになると涙目でサインを見たり、コーチから「泣き虫!」と野次を飛ばされていた私ですが、今では緊張という概念がわからなくなるくらいの能天気なメンタルを手に入れました。

 

2. でも結局は団体競技であること

一人が上手くても、「チームが」勝てるとは限りません。でも、「自分が」何とかしないと絶対に勝てません。大きな声を出す人、練習を盛り上げる人、技術で引っ張る人、チームメイトに気を配る人、道具を人一倍大切にする人、、、チームにある無数の役割の中で、自分がどう必要とされたいかを考え努力できることは、一番尊いことだと思います。

 

そして、そんな大好きなソフトを通してたくさんの人に出会い、大学4年間在籍したこの部活でも、個性的で面白いチームメイトに恵まれました。

お世話になった同期には直接お礼を伝えるとして、最後の部員日記なので大好きな後輩たちに一言。

 

秋田、いつも私の絡みスルーするけどファーストではお世話になりました

湯川、いつか湯川の無愛想な可愛さに気づいてくれる人が現れるといいね

ちあき、怪我多くて辛かったと思うから今プレーしてるの見れて本当嬉しい

あいちゃん、 しっかりしてそうで忘れ物とか色々おぼつかない感じが好き

大島、どうしたらそんなにもてるようになるか教えて一生のお願い

えりさ、練習とか付き合ってくれてありがとう意識の高さ尊敬してます

よんちゃん、ちなみに自分が思ってるより全然メンタル強いとおもうよ

あやか、やっぱり日本人はあやかみたいなつやつやな黒髪だと思う

むらた、キャラ強すぎて本気で仲良くなれないと思ったけど今は大丈夫仲良い

まゆ、いつかパジャマと練習着の区別がつくようになるといいね

じゅんな、チーム戻ったのはじゅんこと一緒にソフトしたかったからっていうのはある

岩本、打席立つとき応援してくれるのわりと本気で嬉しいから頑張るね

あきちゃん、いつも見守ってくれてる感が好き私のお姉ちゃんになって

宮田、笑い方おばさんすぎるけど私のbestieになるタイプよ君は

ゆきちゃん、前髪はかわいいけど全身相当黒いから将来気をつけなね

まゆちゃん、クールビューティな感じだけどあなたも順調に黒くなってきてるね

 

厳しいこともたくさん言ってきたけど、留学から帰ってきて浦島太郎状態の私をもう一度チームに受け入れてくれたチームメイトには本当に感謝しています。

引退したあともみんなのことを心から応援しています。