両立することの難しさ

こんにちは。法学部法律学科3年の大久保藍です。

9月に入り夏休みもあと少しというところまできてしまいました。同時に、執行学年として迎える最後のリーグ戦も近づいてまいりました。

秋季リーグを前にして改めてひしひしと感じているのが、両立することの難しさです。やることとやりたいことの両立。就活や勉強と部活の両立。自己のスキルアップとチーム全体の両立。守備とバッティングの両立などなど、例を挙げればきりがありません。どれか一つを極めるだけでも大変なことなのに、私たちはたくさんのことを「両立」しなければなりません。

この2年半を振り返ると、私はすべてをうまくやろうとして結局すべて中途半端になってしまい、何一つ成し遂げた実感のないまま3年の秋を迎えてしまいました。

しかし私はこのスタンスを変えるつもりはありません。春季リーグ後、未だ何も手に入れていないことへの焦りは感じつつも自分らしさを見つめなおした半年間となりました。この秋季リーグも、すべてにおいて自己ベストと言えるような活躍をし、チームとしても最高の成績を収めることを目標にしていきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。どうぞ応援よろしくお願い致します。

二兎を追う者だけが二兎を得る