こんにちは!

こんにちは!

 

最近同期で行ったラフティングにおいて、肝っ玉が完全に座った内藤です。豆腐メンタルが寒天くらいになったと思います。よろしくお願いします。

 

今回は秋リーグへの意気込みについて語りたいと思います。

この秋は私たち三年執行代の最後のリーグ戦です。同期には引退する者もいます。このメンバー全員で臨むのは最後です。

 

一年生の頃から書いてきた部員日記ですが、書くたびにリーグ戦への思いは毎回それぞれ異なるものです。

一年の頃はとにかく試合で何度もエラーをし、周りの同期先輩にたくさん迷惑をかけ、励まされるばかりでした。何とか足を引っ張らないよう練習を積もう、そう思う時も何度もありました。

2年生では、初めてスタメンを完全に落ちる経験をしました。実力を思い知るばかりではなく、やる気との戦いをし、チームに自分がどのような貢献をできるか考える機会にもなりました。

3年になり、執行代最後のリーグ戦を迎える今「自分のプレーでチームを勝ちに」という意識をやっと持てるようになりました。

周りに支えられ、指導され、励まされたこの3年間。

メンタル豆腐、空気、レフトの闇という言葉を作ったのも私ですが、卒業された先輩、こんな私を見捨てず共に努力する同期や四年生、緊張をほぐそうと馬鹿にしてくる後輩。

全てのチームメイトに感謝し、秋リーグ本番までに最高のコンディションに持っていけるよう練習、筋トレ、メンタル作りに励んでいきたいです。

そして、チームを勝ちに導くため、決めていることがあります。リーグ中どんな苦しい展開が訪れても、一番声を出し続けたいです。

これが支えられてばかりいた私のできることと思います。

 

同期が揃う最後のリーグ戦。

絶対に優勝したいです。

応援よろしくお願いします!

 

Everything is practice.