最後のリーグを前に

こんにちは。経済学部4年の松田紗季です。 この部に携わらせて頂いてから早4年。ついに1カ月後には最後の秋リーグを迎える時期になりました。今回は、これまでの活動を振り返ると共に、ラストゲームへの意気込みを書きたいと思います。

ちょうど4年前の夏。入学前の私を優しく受け入れて下さり、チーム・プレー・大学生活について様々なことを教えて下さった先輩方には、本当にお世話になりました。チームのことを思って意見を出し合い、時には厳しい声を交わしながらも前向きにチームをリードする先輩方の姿は大きく、4年後自分もこんな存在でありたいと強く感じていました。 最後のリーグを迎えるにあたり、これまでの4年間を振り返ると「自分はこの部・チームにどのように貢献できたか」「憧れとしていた4年生の存在に少しでも近づくことはできたのだろうか」そんなことを思います。日々、そんな自問自答を繰り返しながら今日に至っていますが、まだその答えは出ていません。けれども、私のこの部への意識は常に、自分がどうこうではなく、チームが目標を達成するために何ができるか、という組織第一の軸があったように思えます。ラストゲームを終えたとき、何か貢献できた・何かやり遂げられたと胸を張って言えるよう、この1か月も向上心を持って努力し続けていきたいです。

今秋リーグがこのメンバーでできるソフトボール・チームプレイは最後になります。お忙しい中、土日祝欠かさず練習・試合に来て下さり、チームを支えてきて下さった門並さんや、一年間執行学年としてチームを率いてきた3年生、後輩達に少しでも良い結果をプレゼントできるよう、精一杯プレーしたいと思います。最後の最後まで「チームのために」という思いは忘れずに、全力で戦い抜きます。今後も慶應義塾大学ソフトボール部女子部の応援をよろしくお願いします。