はじめまして!

 

はじめまして!一年の宮田知歩です。
 
 月日が経過するのは本当に早いですね!

 つい最近入部したばかりのようですが、もう秋リーグが始まります。

春リーグでは先輩方の試合を身近で見て、大学のレベルの高さに日々の練習の大切さと更なる努力の必要性を実感しました。
 
 さて今回初めて部員日記を書くにあたって、何を書こうか悩みしたが、まずは私が慶應女子ソフトボール部に入部した経緯と秋リーグへの意気込みを綴ろうと思います。

 
 私は中学、高校とソフトボール部に所属していました。中学では毎日ソフト三昧の日々を過ごしました。高校に入学後、新しいスポーツをやってみたいという気持ちもありましたが、やはりソフトが好きで続ける事に決めました。高校最後の年ではキャプテンを務めさせて頂き、苦労もありましたが本当に充実した高校生活を送る事が出来ました。

 
 しかし、大学では中学高校とソフトをやり切ったので、続けるつもりは全くありませんでした。

そんな中、大学入学前の休み期間に、高校時代のソフト部先輩でもあり大学ソフト部の先輩にあたる現三年、大島さゆりさんから「大学のソフト部の練習に参加してみない?」とお声を掛けて頂き、練習に参加してみました。参加させて頂いた時、私はソフトをするのが久しぶりでキャッチボール、ボール回し、ノックなどの全てが楽しく、やはり私はソフトが好きなんだと改めて実感しました。また、先輩方に丁寧に指導して頂いたり、部内の雰囲気も非常によかった為すぐに入部する事を決意しました。
 
さて、 もうすぐ秋リーグを迎えようとしています。秋リーグは現三年生の先輩方にとって引退前の最後の大会です。現在残って下さっている四年生、三年生方と一緒に試合に臨める最後の大会なので、もし私が試合出場する機会があれば精一杯全力でチームに貢献したいです!
そして、 秋リーグまでの残り僅かの練習も怠らず、先輩方から沢山の事を吸収しながら成長したいと思います。
それでは 四年間、ソフトボール部で全力で頑張りますので 宜しくお願いします。