こんにちは!

経済学部新3年生、内藤遥と申します。最近一風堂のスタンプカードが溜まり、オリジナルセットを手に入れたため家でラーメン屋ごっこをしています。今日は来期の春リーグに向けて今の気持ちを綴りたいと思います。

 

私にとっては4回目のリーグとなる今回の春リーグは、どうしても必ず優勝したいリーグです。昨年から目指してきた春リーグ優勝という目標は思った以上に厳しいもので、ここまで私たちは惜しいどころか、下位に留まり、達成することはできませんでした。

これ以上春リーグ優勝を目標だけにとどめたくはありません。2年生で経験したリーグで得たものを生かしてチームみんなで一試合一試合勝ち進んでいきたいです。

私が2年生で得たものとは、ベタでいいにくいですが「チームのために自分の仕事を」ということです。それはとにかく試合に出て結果を残したい、とばかり思っていた私にはとても難しいものでした。

しかし昨年の秋リーグで出られない試合を経験して、他のチームメイトが代打に、代走に、スコアに、カウントに、声出しに、自分の100%を貫いているのを見ました。その一人一人の100%が劣勢の中にも活気を生み出してくれます。

 

私はベンチで100%出し切れていたか。

 

私はその問いとこの冬学期対面し、チームでの自分の仕事を見つけることに努めました。

今からできること、いくつか見つかったと思います。チームが勝つために、自分の活躍が必要だと思います。それが自分の思い描く形でも、そうでなくても、100%でやることでそれは最高の活躍になると思います。

この2年の春リーグで得た教訓と、ここまで練習してきた自分の持っている技術と、最高のチームメイトで私は春リーグ、絶対優勝したいです。

 

応援よろしくお願いします!