大久保藍です

新2年の大久保藍です。


日に日に気温は温かくなり、マスクをしながら入念に目薬を差す人の姿を見かけることが増えてきました。役目が終わると忽然と姿を消すことで有名な私のネックウォーマーも例年通り行方をくらましたようです。3代目でした。そう、春ですね。


新入生の皆様はいかがお過ごしでしょうか。大学に入って楽しむ場所はもちろん人それぞれですが、それがこのソフトボール部であると嬉しいかぎりです。


今年1年間を振り返ってみると、少しは成長できたのではないかと思います。最初は何の考えもなしにただ一生懸命にこなしていた練習も、自分に何が足りていないのか、他の人のプレーとどう違うのか。そういうことも少しずつ考えながらプレーすることができてきたように感じます。ただ実際は、足りていないことが多すぎるし、上手い人のプレーを見ても感心するばかりだし、やるべきことがあってもやりきれてないというのが現実です。


私にとって初めての公式戦となった前回の秋リーグでは、もう少し早くグローブを出していたら、あと少しスタートが早かったら、せめてバットに当てさえしていれば、違う結果になっていただろうという試合が多くありとても悔しい思いをしました。2年生になって迎える春・秋のリーグでは少しでも後悔を少なくして、先輩方に楽しい思い出を作ってあげたいと思っています。


まじめな話が続き「あんまり楽しくなさそう」と新入生の皆様の誤解を招くと大変なので、いまさらですがフォローをしておくことにします。私たちの代は12人と大所帯なのですが、練習後に川で遊んだり、ファミレスに7時間滞在したり、LINEで意味のないスタンプの応酬をしたりとかなり自由で、やたらと暇人と人見知りが多いです。また、愉快な先輩方にご飯を奢っていただいたり、誕生日を祝われたり、クリスマスイブに家に押しかけたりすることもありました。これがフォローになっているか心配になってきましたが、新入生の皆様がこんなソフト部の雰囲気を楽しんでくれたら幸いです。ぜひ一度遊びに来てください。