こんにちは。新2年の石河有彩です。

新入生のみなさん、少し早いですがご入学おめでとうございます。入学式も近づき、大学生活の準備も進んでいる時期かと思います。私は去年の今ごろは、大学ってどんなところなのかとても不安に思っていました。

私が大学で1年を過ごして思うことは、大学には色んな人がいてたくさんの刺激をもらえるということです。様々な分野に秀でた人、自分と違う考えを持った人、大きな目標に向かって頑張っている人。そんな人たちと話をすると、自分の視野の狭さに気付かされると同時に、もっとたくさんの人と話してみたいと思うし、自分も頑張らなきゃと思います。そしてどんなことに対してでも、努力している人は例外なく素敵だし、心から応援したくなりますよね。

また、大学の雰囲気は中学や高校とは全く違います。部活やバイトに没頭するもよし、極端な話、授業に全く出席しないことも可能で、自分が好きなように生活することができます。そのため、充実した大学生活を送るのも本当に自分次第。逆に、自分の目標を持っていないと、どこまででも落ちてしまえるので、怖いなあと思います。だから私も、周りに流されないように、自分の目標を見失わないように、必死です。笑



話は変わって、新歓期のことについて少し書こうと思います。

新歓期の日吉は、行く場所行く場所に人が溢れ、新入生のみなさんもびっくりすると思います。適当に手を出していれば、チラシが勝手にのせられていくので、私も新歓期は大量のチラシを両手にかかえて大変でした。と言いたいところですが、実際のところ私はチラシを全然もらえませんでした。1枚目をもらうと新入生だとばれて、続いてチラシをのせてもらえるのですが、その1枚目がなかなか来ない…今から思えば、態度がでかく、ずかずかと歩いていたからかなと少し反省します(笑)でも一応、大人っぽいのかな私、えへへ。ってことにしておきます。

私は6年間ソフトボールをしてきたので、大学では適当にサークルでも入って女子っぽくきゃぴきゃぴする予定でした。新歓でいろんなところを回った結果、スキューバダイビングのサークルに入ることを決め、いざ連絡をしたら、定員になってしまっていました。そこから、野球部のマネージャーや、英語関係のサークル、音楽系のサークルなども考えましたが、これというものに出会うことができませんでした。
悩みに悩んだ末、時期は遅くなりましたが、結局ソフトボール部に入部を決めました。決め手は、やっぱりソフトが好きで、ソフト以外のことに没頭している自分を想像できなかったからです。新歓期に他のものに触れる機会があったからこそ、自分にはソフトしかないと思うようになったのかもしれません。高校で引退してやっとソフトの悩みから解放されたのに、わざわさ大学でもソフトをするなんて、と自分でも正直呆れてしまいます(笑)でも今は新しいチームメイトと、また一からソフトをすることができて楽しいし、本当に入ってよかったと思っています。

この部活の魅力は、部員がみんな個性的なところだと思います。体育会の部活よりは時間の融通がきくので、部活以外にもサークルやバイトや勉強をしたり、様々な活動に参加したりと、みんなそれぞれの生活をしています。学部もばらばら、プライベートでやっていることもばらばらな部員と話すのはとても面白いです。また、人数も多くないので、チームメイトひとりひとりと向き合うことができるのも、この部活のいいところだと思います。

最近では、春リーグに向けての実践的なメニューや練習試合も増えてきました。暖かくなり体も動くようになってきたので、1か月後の春リーグへのラストスパートとして気を引き締めて練習しています。



新入生のみなさんも、4月に大学に入って勧誘を受けて、たくさん悩むと思います。時間がかかっても最終的には、神様がその人にとって一番いいものと引き合わせてくれるんじゃないかと、私は最近悟りをひらきました。笑
何かを一生懸命やっていれば、当然楽しいことも辛いこともあるけれど、そういうこと全部含めて、大好きなものと出会えるといいですね!その本当にやりたいこと、没頭できることがソフトボールだったらわたしはとっても嬉しいです。

ソフトボール経験者の方も未経験者の方も、興味のある方はぜひ一度練習にいらしてください!部員一同、心からお待ちしています(*^^*)